読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CircleCIでjacocoのカバレッジレポートをとる #circleCi #jacoco #java

概要

SpringBoot + Spock + maven で開発をしているんだけれど、せっかくテストも書いているのでカバレッジレポートをCI時に取得するようにする。

pom.xmlにjacocoプラグインを追加

...
<build>
    ...
    <plugins>
        ...
        <plugin>
            <groupId>org.jacoco</groupId>
            <artifactId>jacoco-maven-plugin</artifactId>
            <version>0.7.9</version>
            <executions>
                <execution>
                    <id>prepare-agent</id>
                    <goals>
                        <goal>prepare-agent</goal>
                    </goals>
                </execution>
            </executions>
        </plugin>
        ...
    </plugins>
</build>
...
<reporting>
    <plugins>
        <plugin>
            <groupId>org.jacoco</groupId>
            <artifactId>jacoco-maven-plugin</artifactId>
            <reportSets>
                <reportSet>
                    <reports>
                        <report>report</report>
                    </reports>
                </reportSet>
            </reportSets>
        </plugin>
    </plugins>
</reporting>
...
  • execution を設定しておけば、test時に自動で prepare-agent を実行してくれる
  • reporting は必要なのかどうか実はよく分かっていない。。
  • これで mvn clean test jacoco:report とかやると、target配下にレポートが出力されるようになる

circle.ymlの修正

test:
  override:
    - mvn integration-test
    - mvn jacoco:report
  post:
    - mkdir -p $CIRCLE_ARTIFACTS/site/jacoco
    - mv target/site/jacoco/ $CIRCLE_ARTIFACTS/site/jacoco
  • testブロックでカバレッジレポートを出力するようにする
  • testのpostブロックで $CIRCLE_ARTIFACTS のレポート成果物を配置する

そうすると、下記のような感じでレポートが参照できるようになる。

https://26-80196016-gh.circle-artifacts.com/0/tmp/circle-artifacts.RCejr3V/site/jacoco/jacoco/index.html

なお、test-postブロックはtestの成否に関わらず実行されてしまうので非効率であるのだが、とりあえずはこのままでよしとしている。

まとめ

実際に適用したプロジェクトは下記。
GitHub - su-kun1899/mysql-visualizer: Mysql Metadata Viewer

jacocoのレポート、UIはパット見時代を感じさせるのだけれど、見やすく分かりやすくて良い。

f:id:su-kun1899:20170417232708p:plain

f:id:su-kun1899:20170417232642p:plain

参考